宝来屋の商品紹介 二重紗"夢幻"

  • 2020.06.01 Monday
  • 13:14

八寸 夢幻

 

かねてから創ってみたかった

"紋紗(紋紗)"の仕掛けを導入しました。

 

紋紗とは、糸を動かしていずれも生地に隙間を作り

主に夏の素材として織る技法の"捩り織(もじりおり)"の一種。

 

捩り織には、たて糸を大きく動かす"羅(ら)"

隣の糸と入れ替わる"紗(しゃ)"

平織と組み合わせた“絽(ろ)"

よこ糸を動かす"し"などがあります。

 

いずれも生地に隙間が見られるのが特徴ですが、

今回作ったのは糸の動きの面白さを強調した八寸帯。

二重織にすることで生地の隙間は強調せず、

よこ糸の動きを楽しんでいただけます。

また透け感が少ないので一年中ご使用いただける優れもの。

今後も色んな柄を作っていきたいと思います。

オリジナル角帯製作できるランディングページ作りました。

  • 2020.02.17 Monday
  • 17:15

 

 

宝来屋ではこの度ランディングページ(以降LP)を作りました。

上の画像のURLを入れて頂ければご覧いただけます。

 

 

同時に角帯のアレコレについて

五代目の私が書き込むブログも作りましたのでご覧いただけれきーばと存じます。

horaiya.jpからお入りください。

宝来屋では日々角帯を製作しておりますが

最近はネットでお探しの方も多くいらっしゃるので

参考にして頂ければと思います。

 

 

直織ジャガードが稼働しました。

  • 2020.01.18 Saturday
  • 14:03



 

宝来屋には直織のジャガードと言って、デジタルデータ具体的に言えば

USBに織データを入れて大きな柄を織り出す装置を導入しました。

従来の紋紙といわれるアナログデータは、厚紙に穴をあけたもので

柄が大きくなると枚数も増え重く、移動や保存に苦労してきました。

また織出しまでの準備作業で、紋串といわれる針金の太いものを装着する必要があり

その作業もかなりの時間がかかっておりました。

折しも経済産業省から"もの作り補助金"が出ておりましたので一大決意をし、設備投資してみました。

最初はなかなかうまく動きませんでしたが、一年程度試行錯誤を繰り返し

ようやく順調に作動するようになりました。

画像は八寸帯ですが、地糸と柄糸で5色2000枚の紋データで織りだしております。

(配色はちょっとよく見えませんけど・・・)

今後いろんな織物にチャレンジできそうで楽しみであります。

テレビに登場

  • 2019.02.06 Wednesday
  • 18:08

宝来屋の商品がテレビに登場しております。

先ずはNHK大河ドラマ"いだてん"の古今亭志ん生師匠役のたけしさんが着ておられる羽織。

当社の"武士"という男性用の夏単のきもの。

 

次は丸亀製麺さんのCM。

女性の帯が当社の四寸帯"紙こぎん四寸"

 

丸亀製麺CM

当社が直接衣装協力させていただいたわけではありませんが、嬉しい限りです。

織姫ちゃん達も大喜びの昨今です!

 

 

市松プロジェクト その弐

  • 2018.06.17 Sunday
  • 16:19

 

宝来屋のヒット商品の一つに、紐付き角帯"一見楽着(いっけんらくちゃく)"があります。

京都のお坊さんの下帯として別誂え頂いた商品を現代版にバージョンアップした商品。

もっと簡単に締めたい!、もっとカッコよく着こなしたい!などのご要望にお応えした角帯。

市松プロジェクトではこの商品をジャガードで織り出し、市松柄を織り出してみました。

店頭で見かけられましたら、ぜひお手に取ってご覧くださいね!!!

 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM