真ん中から数えましょう

  • 2020.09.19 Saturday
  • 15:54

 

今日からお彼岸です。

 

赤い屋根の織物工場。

何やら糸を緩めて作業をしている

場面に遭遇しました。

 

 

「何をしているのですか。」

 

「次に織る為の準備で、

たて糸を足しています。」

 

 

 

ここで興味深いのは、

両端から足していくと

いうことです。

 

作業としては、右と左と

二度手間に思えますが。

 

たて糸を通す綜絖の本数が

決まっていますし、

織機の上についている

ジャガードの針の数も

決まっています。

 

 

 

偏りがないように、

本数を変えるときは

両端で増減するのだそうです。

 

 

見せてくれた指図書には

「右○○本 左◎◎本」

と書かれていました。

 

左右別に本数

管理していたのです。

 

「でもこんなに混み入った

たて糸の中心を探すのは、

大変ですよね。」

 

 

すると、目板というものを

見せてくれました。

確かに中心がわかるように

穴が開いています。

 

 

そして、図柄を指図する

紋紙にも。

確かに左右分かれていました。

 

 

紋紙が左右にわかれているのは、

織機のたて糸と連動していたのです。

 

 

あっという間に、たて糸は増やされました。

 

この織物は巾も変えて織られるとのこと。

 

次は巾を決めていく

筬(おさ)に糸を入れる

筬入れの作業に入ります。

 

 

「たて糸の本数は合計〇〇本」

だけでなく、

 

右○○本、左◎◎本、

合計●●本

 

と言えたなら一人前と

いってもらえるかな?

 

布を織っていない時の作業も

とても面白いのです。

 

赤い織物工場

近藤里美した。

 

JUGEMテーマ:伝統工芸

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

オリジナル角帯製作専門サイト

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM