Made in YONEZAWA  力織機も作っちゃう !?

  • 2020.07.14 Tuesday
  • 17:17

JUGEMテーマ:伝統工芸

 

赤い屋根の織物工場

今日は 雨 です

 

動力で動く織機を 力織機 といいます。

機械油のにおいと、

轟音とどろく現場から

詩的なキモノの世界が広がるのですから

おもしろいことです。

 

 

男性は、たて糸の下に潜り込んで作業をしています。

 

織物は、よこ糸の管が入っている 

シャトル(杼) が

上下するたて糸の間を走ることで

織られていきます。

 

いくつかのシャトルの動きを

コントロールするのが、この部分です。

 

小さな金属のカードが沢山連なって

キャタピラのようになっています。

紋板(もんいた)と呼びます。

 

 

表面に突起がついていたり、なかったり。

それが信号となって

シャトルが飛んでいったり

じっとしていたりします。

 

今回は、長い紋板がスムーズに

動くように作業をしているとのこと。

 

万が一、どこかに触れて

流れが滞ってしまえば

シャトルが出なかったり

事故を起こすことになります。

 

絶妙なタイミングで

たて糸とよこ糸が交差するために。

 

 

「コンピューターで制御」

じゃないところが、可愛かったりしますね。

 

 

この織機。

驚くべきことに、米沢で作られていました。

 

織機から、made in YONEZAWA

 

いよいよ面白くなってきました。

次回に続きます。

 

近藤里美でした。

 


 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

オリジナル角帯製作専門サイト

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM