仕掛け替え

  • 2012.11.11 Sunday
  • 16:00
 織物を織るにはたて糸を上げ下げする道具が必要です。
その一つにジャガードという繊細な柄を表現できる装置があります。
しかしながらこの装置たて糸の本数が決まっており
大幅な規格変更をするには規格の違う"仕掛け"と交換しなければなりません。
今回宝来屋では仕掛け替えを久しぶりに行いました。
その様子がこれ



狭い場所ですが、斉藤さんの頭の上にはジャガードのたて針についた"リュウズ"がずらり1000本!
仕掛けの緑色の"つうじ"のさきの丸くなったわっかを順番通り掛けていきます!
外すのと掛けるのと3日掛かりました!
おかげさまで月曜から新しい機を織ることが出来ます!

ごくろうさまでした!


コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM