宝来屋の商品紹介 みちのく間道

  • 2011.01.31 Monday
  • 08:13
”間道”とは、室町から江戸時代初期、中国や南方から渡来した縞、格子の織物で古くから茶人に愛好された裂地です。今回完成した”みちのく間道”はたて糸にたくさんの糸を使用し、通常のたて糸の上にもう一重別のたて糸を載せてジャガード織にて面白い凹凸感を表現。着物とのコーディネイトも抜群の帯地に仕上がりました。
michinokukandou
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM